スタッフブログblog

いまさら聞けない?【矯正治療ってどんな治療?】

歯科矯正をなんとなく「始めたい」と思っていても、治療法に多くの種類があり、
それぞれの疑問点も多く、なかなか踏み込めない方が多いのではないでしょうか?

今回は「歯科矯正」の種類やメリット、デメリットについてご紹介します。

■矯正歯科治療(歯列矯正)とは?
矯正歯科とは、歯並びを治す治療(例えば出歯、受け口、乱ぐい歯などの)のことです。
矯正治療をすることにより、きれいな歯並びになることはもちろん、むし歯や歯周病になるのを防ぎ、
食べ物をよく噛めるようにする、発音が明瞭になる、調和の取れた顔立ちになる等、さまざまな効用があります。

■歯科矯正の種類
1)ワイヤー矯正
歯の表面に「ブラケット」と呼ばれる矯正装置を取り付けて、ワイヤーを通し、
動かしたい方向に適切な力をかけることで歯を移動させていきます。
歯の表側に装置を着けるため「表側矯正」とも呼ばれます。矯正装置の色は、金属色と白色のどちらかを選択できます。
<メリット>
・適応範囲が広く、さまざまな症例(歯並び)の治療ができる
・取り外しが不要

<デメリット>
・ワイヤーや矯正装置が目立ちやすい
・装着による強い痛みが起こったり、金属で口腔内を傷つけたりすることがある
・矯正装置が外れるのを防ぐため、硬い食べ物、ねばりの強い食べ物などが制限される場合がある

2)裏側矯正
歯の表面ではなく、裏側にブラケットを取り付けワイヤーを通します。ワイヤー矯正と同様に、
動かしたい方向に適切な力をかけることで歯を移動させます。
舌側に取り付けるので「舌側矯正」とも呼ばれることもあります。歯の裏側は複雑な形状をしているため、
通常のワイヤー矯正に比べ歯科医師や歯科技工士のより高い技術が必要です。

<メリット>
・ワイヤー矯正と同様、取り外し不要
・外側(歯の表面側)からほぼ矯正装置が見えない

<デメリット>
・表側矯正に比べてドクターの手間や高い技術が必要なため、費用が高い
・表側矯正よりも矯正力を弱める必要があるため、適応範囲が限られる
・表側矯正と同様、口腔内を傷つける可能性や痛み、食事の制限がある
・慣れるまで発音しづらい

3)マウスピース矯正
ブラケットやワイヤーは使わず、透明のマウスピースを矯正装置として使用します。
一人ひとりの歯型を採り、デジタル技術で精巧なマウスピースをデザインします。
さらにブランドによっては、歯科技工士さんの手作業や、マウスピースメーカーの調整によって、
仕上げられます。
治療段階に合わせて新しいマウスピースと交換していくことで歯を少しずつ動かし、
希望の歯並びへと近づけていきます。

<メリット>
・周囲の人がほぼ気づかないほど目立ちにくい
・着け外しができるため、食事の制限がなく歯磨きもしやすい
・歯ごとに適した力をかけられるため、ワイヤー矯正と比べて痛みを感じにくい
・金属で口腔内が傷つかない、金属アレルギーの心配がない

<デメリット>
・適応できる症例(歯並び)に限りがある
・装着時間を守らないと治療の効果が出ない
・マウスピースの洗浄などの自己管理が必要

矯正歯科治療法には、それぞれメリット・デメリットがあります。
どの治療法があなたに向いているかは歯科医師の診断が必要です。ぜひ歯並びにお悩みの方はお気軽に当院までご相談ください!