スタッフブログblog

「歯石」を除去しなくてはならないのはなぜ?

定期検診の際に、専用の機材で歯に付着した歯石を除去してもらった経験があると思います。

そもそも歯石とは一体何なのでしょうか?

歯石とは、磨き残しなどで歯に付着したままのプラーク(歯垢)の中の細菌が、
時間をかけて石灰化することによって作られます。

最初に石灰化した細菌の塊の上に、また新たな細菌が付着し、
その細菌が死んで石灰化するという過程を繰り返すことで、歯石は大きくなっていきます。

この歯石に付着したプラーク中の細菌によって、
歯周病や虫歯などのさまざまな症状が引き起こされるリスクが高くなります。

歯石を除去した後、それらで覆われていた部分の歯ぐきには、
赤く腫れた歯肉炎が見られることが少なくありません。

歯磨きが上手な方であっても、多少の磨き残しはどうしてもあります。

見た目の問題だけではなく、このように健康的な口腔内の状態を維持するためにも、
定期的に歯石を取られることをおすすめします。

太田歯科 遠藤