スタッフブログblog

タバコによる歯への影響

タバコは全身に様々な悪影響を及ぼします。
今回はお口の中に及ぼす影響をご紹介します。

・むし歯
タバコを吸うとタバコの煙に含まれるタールが歯に付着し、歯垢(プラーク)が沈着しやすくなります。
さらに、ニコチンの作用で血管が収縮するため、唾液の分泌が悪くなり、お口の中の自浄作用が弱まり、虫歯菌が活発になります。このため、虫歯になりやすくなるのです。

・歯周病
タバコを吸うと歯に汚れが付きやすくなり、また唾液の自浄作用も弱まるため、歯周菌が活発に活動しやすくなります。

・歯茎の着色
たばこに含まれるニコチンやタール等の有害物質から歯肉を守るため、メラニンが作られ、歯茎が黒くなると言われています。

・口臭
ノンスモーカーにとっては、喫煙者の口臭は耐えられないほど臭いものです。

・口内のガン
タバコは口の中のがんの原因にもなります。
舌がん、歯肉がん、頬粘膜がんなど多くがタバコを吸っている人に発生します。

あなたもこの機会に、たばこや喫煙について考えてみませんか?