お口の悩みQandAblog

口臭

こんにちは 湖西市の歯医者 太田歯科 白井です。

今回は口臭についてです。
唾液と口臭には密接な関係があります。唾液に含まれる酵素には殺菌力があり、臭いをつくる雑菌の繁殖を抑えてくれます。生き残った細菌も食べ物の残りかすと一緒になって、唾液の中に溶け込みます。飲み込まれて胃に落ちれば、胃液で細菌はほとんど死んでしまいます。つまり唾液のおかげで、最低限の口臭に抑えられているのです。ところが、この唾液が起きたてや空腹のとき、緊張したときには分泌が減少して、口臭の原因となるのです。

もうひとつの大きな原因は、舌の上に生える苔のような白いものです。「舌苔」と言って、口の中で剥がれた粘膜の上皮細胞や血液から遊離した組織、食べ物の残りかすなどが舌の上に付着したものです。舌苔には雑菌がすみやすく、それ自体が臭いの元となります。舌苔は、胃腸の弱ったときや熱のあるとき、唾液が減少したときに増えやすいです。
これらの口臭は「生理的口臭」と言われます。

病気が原因でおこる「病的口臭」もあります。病的口臭には、口腔内が原因のものと、内臓器官の病気に起因するものがあります。

虫歯になると、たんぱく質を分解する酵素を出す細菌が歯の中に棲み付き、特有の臭いを発生させます。特に歯茎の下の歯の根っこまで虫歯になると、より強い硫黄のような悪臭を放つようになります。

歯周病のときも臭いは強くなります。歯周病になると、歯と歯茎の間に歯垢がたまりやすく、そこに細菌がすみ付き臭いを出します。歯周病が進行し出血しやすくなると、腐敗した血液も原因となります。

内臓器官が原因で発生する場合ではタマゴの腐ったような臭いがします。この時は、胃腸の病気が疑われます。

アンモニア臭やかび臭い口臭は、肝臓や腎臓に問題があることもあります。糖尿病は甘酸っぱい、果物が腐ったような臭いになります。

肺の病気のときには生臭い臭い、蓄膿症のときには肉の腐った臭いがします。

当てはまるものはありましたか?

臭いがしないのに気になってしまう「心因性口臭」もあります。
当院では唾液検査を行っています。
虫歯や歯周病は定期検診も必要ですね。
口臭が気になるようであれば、お気軽にご相談ください。