お知らせblog

デンタルフロスについて

こんにちは!湖西市の歯医者 太田歯科の太田です。
みなさんは歯と歯の間のお掃除にデンタルフロスを使ったことはありますか?
歯と歯の間の歯肉はくぼんでいて、このくぼみにプラーク(細菌のかたまり)が溜まりやすく、むし歯だけでなく歯周病の起こりやすい場所になっています。歯と歯の隙間に、歯ブラシの毛先は入りませんが、細菌は入り込んでしまうので、デンタルフロスによる歯間清掃が、むし歯や歯周病の予防に必須なのです。
デンタルフロスには、指に巻いて使用するものと柄に糸が取り付けられたホルダー型があります。どちらのフロスも、歯肉を傷つけないように、のこぎりを引くように糸を横に動かしながら、ゆっくりと挿入していきます。歯ぐきにフロスが届いたら、フロスを歯のカーブに沿わせて、上の歯は上から下へ、下の歯は下から上へ動かして、プラークをかき出すように取ります。
フロスの使い方について、質問や疑問があればスタッフにお気軽にお尋ねください。

今年も一年お世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。