スタッフブログblog

虫歯になりにくくする<3つ>の大切な習慣!

毎日しっかり歯磨きをしているのに虫歯になるのはなぜだろう?と疑問に思ったことはありませんか?
実は、虫歯は歯磨きをしっかりしているだけでは完全に予防できません。
しかし、中には、念入りに歯磨きをしていないのに虫歯にならない方もいらっしゃいます。その方の元々の生まれ持った歯の強さというのも理由の一つとして考えられますが、【生活習慣】が大きく関わっている場合が多いです。
虫歯を予防するためには、歯磨きをするだけではなく、普段の【生活習慣】を見直すことも非常に大切です。
今回は、虫歯になりにくくするための3つの大切な習慣をご紹介します。

1) 口の中に虫歯菌の餌となる糖を残さないようにする
間食をしてもダラダラと食べないようにする、寝る前には食べないようにするということをぜひ心がけてください。習慣にできれば、虫歯になるリスクは下げられるでしょう。

2) 唾液をよく出すように意識する
口呼吸ではなく鼻呼吸をするようにする、よく噛む、ということを意識して、口の中が乾かないようにすることが大事です。

3) 歯ブラシだけではなく、歯間ブラシ、デンタルフロスも使う
歯垢除去率が大幅にアップします。

しかし、上記を意識しても蓄積した汚れは出てくるので、できれば定期的に歯科医院で検診を受けて、ご自身の口の状態のチェック、クリーニングをすることをオススメします!
虫歯予防などアドバイスも致しますので、ぜひ気になる方はお気軽に当院にお越しくださいませ。