スタッフブログblog

知って損なし!ホワイトニングの基礎知識

歯の黄ばみが気になる方は、歯の内側から色素を分解する「ホワイトニング」治療がおすすめです!
ホワイトニングは、アメリカ発祥で20年以上にわたって行われている治療法です。

■歯のホワイトニングとは?
歯みがきや歯のクリーニングでは落ちない、加齢や飲食物による着色を歯を削ることなく白くする方法です。
歯の表面にホワイトニング剤を塗布し、歯の黄ばみやくろずみ色素を分解して歯を白くしていきます。 天然の歯を白くしていくため、自然な色の仕上がりになり、笑顔の魅力度が格段にアップします。

■ホワイトニングはこのような人におすすめ
・歯の黄ばみが気になる方
・今よりも、もっと美しく白い歯を手に入れたいと思う方
・歯に負担をかけることなく、健康的に白い歯を手に入れたい方
・自然な色の仕上がりを希望されている方
・自分の笑顔にもっと自信を持ちたい方
・結婚式を間近に控えている方
・歯のアンチエイジングを考えている方

■ホワイトニングの種類

1.)オフィスホワイトニング
オフィスホワイトニングとは、歯科医院内で歯科医師・歯科衛生士によって行われるホワイトニングです。
ご自分で薬剤を扱う必要がないため美容院感覚でホワイトニングしていただけます。
ホワイトニング効果のあるジェルを歯に塗って、光や熱で活性化させ、歯の黄ばみを分解し、その場で白さを実感できます。

<メリット>
短時間で白くできる。
自分で管理することなく手軽にできる。

<デメリット>
使用するホワイトニング材の濃度が高い為、人によってはしみる。
短時間で白くできるが後戻りが早い。

2)ホームホワイトニング
歯科医師の指導のもと、自宅で行っていただく、時間の自由度の高いホワイトニングです。
口腔内の体温によって、歯列に合わせて形が変形するマウストレーを使用します。
マウストレーにはホワイトニングジェルが充填されているため、ジェルを塗る必要がなく手軽にホワイトニングを行うことができます。

<メリット>
薬剤を時間をかけて深くまで浸透させることができ、白さが長持ちする。
マウスピースを作成すれば自宅で好きなときにホワイトニングができる。
歯の奥白素を分解してくれるのより白くできる。

<デメリット>
効果が実感できるまでに時間がかかる。
自分でマウスピースに薬剤を入れて装着する必要がある。
マウスピースと薬剤の管理が必要。

3)デュアルホワイトニング
オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングの両方を行う方法です。

<メリット>
歯の白さの安定に、高い効果をもたらす。

<デメリット>
オフィスホワイトニング+ホームホワイトニング、二つ分の費用がかかるため、コストが高くなる。

ホワイトニングのメリットとデメリットを把握してご自身にあう方法を選びましょう!