スタッフブログblog

舌苔という言葉を聞いたことがありますか?

これは「ぜったい」と読み、舌の上に苔のような汚れがついていることをいいます。
鏡の前で舌を出して見た時に、白っぽい汚れが舌の上にたくさん付着していたら、それが舌苔です。

舌苔の正体は、舌の表面の細胞に食べかすや細菌が付着した状態です。
舌の表面はザラザラしていて、食べかすや細菌が付着しやすい特徴があります。
付着した細菌は食べかすを分解するときにガスを発生させ、これが口臭の原因となります。舌苔が付着している部分には、新たな食べかすや細菌がどんどん覆うように堆積していきます。

これを防ぐためには、まずは舌の上をきれいにしましょう。
食後のブラッシングの際に、舌の清掃も行うようにします。
舌用のブラシやタングクリーナーもドラッグストアなどで販売されていますので、利用してみてもよいでしょう。

手元にない場合は、普段使っている歯ブラシで、舌の奥から手前へ、優しく撫でるようにして汚れをかき出してください。
舌は歯と違ってやわらかく、あまり強い力で行うと傷がついてしまいますので注意してください。
できるだけ毛先のやわらかい歯ブラシを使うと良いと思います。
1度に舌苔を落とそうとしないで、毎日少しずつ、時間をかけてきれいにしていきましょう。

当院でもおすすめの舌ブラシをご用意しておりますので、
気になる方はぜひお気軽にご相談ください。