スタッフブログblog

抜歯後に気をつけること

今回は親知らずや虫歯など、何らかの理由で抜歯をした場合の注意点をお伝えします。

まず、術後の麻酔が覚める時間は個人差がありますが
2 〜3時間ほどになります。

手術後の食事は、麻酔が覚めて口の感覚が元に戻ってから取るようにして下さい。
麻酔が覚めないうちに食事をすると、いつもと異なる感覚によって頬や唇を噛んだり、
熱い料理などでやけどしてしまうリスクがあります。

当日のうがいは軽くゆすぐ程度にし、刺激の強い市販のデンタルリンスでのうがいは
避けて下さい。ブラッシングは手術した部分を避けて行ってください。
手術した部分を、舌や指で触らないでください。治りが遅くなったり、炎症の原因となります。

そして激しい運動は2~3 日控えて下さい。

当日は軽いシャワー程度が望ましく、翌日からは手術をした部分の出血や強い腫れ、
熱などがなければ入浴しても差し支えありませんが、高温のお湯での長湯は避けましょう。

痛みのある時は、我慢せずに痛み止めの薬をお飲み下さい。
抗生物質は、処方された日数分を指示された通りに飲みましょう。

冷やす場合は、水道水で濡らしたタオルを絞って冷やして下さい。
氷水などの冷え過ぎたものは血流を悪くして治りが悪くなります。
何らかの理由で抜歯した場合は、基本的に上記の内容に注意して過ごしていただければ
問題ありません。