スタッフブログblog

歯科治療において「セラミック」の果たす役割とは?

虫歯の治療の際に、詰め物を行う時などで使用する素材は、金属が主流です。
しかし金属による詰め物は、治療跡が目立ってしまうのが難点です。

これに対しセラミックは天然歯に近い透明感のある審美性が特徴で、口を開けたときに治療跡が目立たずに済むうえに、ナチュラルな美しい口元に近づけることができます。

なんといってもセラミックは強度が高く、天然の歯と同じ硬さですので嚙み合う歯を傷つけません。さらに口内での親和性が高く、金属アレルギーの方も安心して治療できることも特筆すべきポイントです。

さらにセラミックは非常に劣化しにくい素材です。着色や変色が起こりにくいため将来的に再治療のリスクが大幅に抑えられ、歯の寿命も保険治療と比較すると長くなります。

審美性、耐久性、安全性といったあらゆる観点から見ても、セラミックが歯科治療の第一線で非常に重宝されている理由がお分かりいただけたのではないでしょうか?

太田歯科 田中