スタッフブログblog

口臭の原因となる舌の汚れについて

ご自身の口臭について、気になる方が多いと思います。

口臭ケアについては様々な方法がありますが、
大切なことは口臭の原因が一体どこにあるのかについて理解をすることです。

もちろん、歯磨きも口臭予防のための重要な要素となりますが、
実は口臭の原因の6割は、皆さんの舌に付着した汚れが原因と言われています。

鏡でご自身の舌を見た時に、うっすらと白い汚れが付着したりしていませんか?
この汚れは「舌苔(ぜったい)」と呼ばれるものです。

この舌苔の正体は、舌の表面にある凹凸に口内の細菌が
重なるように溜まっていくことで苔状になったものです。

口腔内の皮膚が剥がれてできた垢、食べもののカス、唾液の成分、
細菌・微生物など様々な要素が徐々に溜まって形成されるのです。

口臭の予防のためには、この舌苔を取り除くことが非常に重要となります。

毎日の歯磨きに加えて、舌に汚れが付着していないかをチェックし、
汚れている場合は専用の舌ブラシや軟らかい歯ブラシを使って、
舌を傷つけないように力を入れ過ぎずに磨きましょう。

舌の汚れは一度の清掃で全て除去できるわけではなく、
継続して行うことで徐々に汚れの堆積が減っていきます。

毎日の歯磨きにプラスして、口臭の原因を解決し、明るく楽しい日々をお過ごし下さい。

太田歯科 高田