スタッフブログblog

歯磨き粉はどのくらいが適量なのか?

皆さんは普段の歯磨きにおいて、どれくらいの量の歯磨き粉を使って歯磨きをしていますか?
たくさんの量の歯磨き粉を使って磨いた方が、より綺麗に磨ける気がしたりしますよね?

実は歯磨き粉には適量の基準というものが存在します。
その理由としては、より良い歯磨きを行うと同時に、
口腔内を清潔に保つことでウイルスからの感染予防という効果も期待できるのです。

◯歯磨き粉の使用量の基準
・6ヶ月~2歳 → 切った爪程度の少量
・3歳~5歳 → 5㎜以下、歯ブラシの4分の1
・6歳~14歳 → 1㎝程度、歯ブラシの3分の2
・15歳以上 → 2㎝程度、歯ブラシの半分

およその目安ではありますが、基準にして頂ければと思います。

必要以上に多くの歯磨き粉を使うと、口の中で歯磨き粉が泡立ち過ぎてしまいます。
このことで磨き残しがあるのにもかかわらず、磨いた気になってしまうのです。

歯磨きにおいて大切なことは、歯磨き粉の量や泡立ちの程度ではなく、
しっかりとブラッシングして口の中の汚れを除去することにあります。

歯磨き粉はそのブラッシングを円滑にする補助的な役割であり、
磨くという行為が疎かになってしまっては本末転倒です。

ご自身の大切な歯をしっかりと磨けているか?
是非ともこの点に意識しながら、健やかな歯を守っていきましょう。

太田歯科 高田