スタッフブログblog

「銀歯」のリスクと向き合う

虫歯の治療や歯の補綴の際、
これまでは「銀歯」と呼ばれる金銀パラジウム素材の詰め物・被せ物が多く使われてきました。

その理由としては、強度が非常に高く耐久性に優れており、
なおかつ保険適用でコストを抑えて治療ができることが挙げられます。

その一方で、銀歯のリスクとして挙げられている要素もあります。

銀歯などに使われる保険適用の歯科用金属は、
唾液や食べ物などによってイオン化されて溶け出します。
これによって、金属アレルギーを発症する可能性が高まるのです。

他には歯を食いしばったりすることで、銀歯の素材が劣化、変形することがあります。
歯と銀歯の間に隙間ができ、そこから虫歯菌が侵入しやすくなります。

また、銀歯はセラミックと比べると、表面に傷がつきやすく劣化します。
そうした部分に汚れがつきやすく、そのままにしておくと
歯ぐきの炎症が起きたり歯周病になったりするリスクがあります。

そのため、近年ではセラミック素材を用いた治療や補綴が注目されています。
銀歯についてのご相談もお気軽にお声掛けください。

太田歯科 後藤