スタッフブログblog

8020(ハチ・マル・二イ・マル)運動

「8020(ハチ・マル・二イ・マル)運動」とは、
「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という運動です。

「一生自分の歯で食べよう」というスローガンがよく使われていましたが、
「8020」は、これをわかりやすく「数値目標化」したものといえます。

昔と比較すると「8020」を達成している高齢者は増加しています。
しかし、全体的な人口推移で見てみると、高齢者の数が増えていますので、
「8020」を達成していない高齢者は依然として多い状況と言えます。

現在の平均寿命は、男性女性ともに「80」を大きく上回るようになりましたので、
8020運動は「80」をより健康な高齢期を過ごすための運動という意味合いに変化しつつあります。

一方で「20」は「自分の歯で食べられる」ために必要な歯の数を意味します。
今までに行われた歯の本数と食品を噛む(咀嚼)能力に関する調査によれば、
だいたい20本以上の歯が残っていれば、硬い食品でもほぼ満足に噛めることが
科学的に明らかになっています。

健康で充実した生活のためにも、健やかな歯を保っていきましょう。

太田歯科 遠藤