スタッフブログblog

歯周病の恐ろしさ

虫歯は「痛み」という症状があるので進行を自覚しやすいですが、
歯周病はかなり進行するまで症状が現れないため、ある意味 1番恐ろしいお口の疾患といえます。

歯を失う原因になるだけでなく、歯並びが悪くなって容貌が変わってしまったり、
全身に悪影響を及ぼすこともあります。
早期の予防と治療で進行を食い止めましょう。

若い頃歯並びが良かった人でも、歯周病が進行してしまうと、
食べ物を噛んだ時にかかる力で次第に歯並びが悪くなり、やがて容貌まで変わってしまうことがあります。

歯周病の初期にあたる歯肉炎の段階なら、
歯科医院で歯垢や歯石をしっかり取り除いておけば、
後は生活習慣の改善と口腔内ケアという自分の努力で健康な歯肉を取り戻すことが可能です。

歯周病の多くははっきりとした症状が出ないまま進行し、数年かけて重症化していきます。
早い段階からの予防と治療が大切です。

太田歯科 河合