スタッフブログblog

歯ぐき下がりについて

歯ぐき下がりのサインとして、日常生活の中で
「食べ物が歯にはさまる」「歯の根元がしみる」「歯の根元が黄ばんできた」
などが挙げられます。

こういったサインにいち早く気づいてケアすることが大切です。

年齢とともに歯ぐきが下がると、それまで歯ぐきに守られていた、
歯の根元の「象牙質」が露出して無防備になり、
むし歯の原因菌や酸にさらされてむし歯になりやすくなります。

また、歯の根元の象牙質には、表面に無数の穴が空いています。
歯ぐきが下がって象牙質が露出すると、その無数の穴から刺激が伝わって
「知覚過敏」を感じやすくなります。

それだけでなく、象牙質には着色汚れが付きやすいという特徴があります。
歯をしっかり磨こうと思うせいか強くこすりすぎてしまう人が多く歯ぐき下がりの原因と
なりますので、ハブラシの持ち方やみ がき方について、あらためて歯科医院で指導を受けて
みると良いでしょう。