スタッフブログblog

お口の粘膜、診てもらっていますか?

こんにちは。湖西市の歯医者、太田歯科の遠藤です。
こちらの写真、ただの傷跡にみえませんか?
実は早期の舌癌です。
粘膜の異常を良性なのか口腔癌なのか、見た目で診断するのは歯科医師にとっても容易ではありません。
、、という事は、見慣れていない患者さんにとっては更にハードルが高いですよね。
まずは変化に気づき、検査を受けてみることが大切!
口腔癌は増加中ですし、お薬の副作用による粘膜の病気も増えています。
口腔癌は2センチになるまでに発見したいところですが、この大きさになるまで約1〜2年と言われています。
短い!!
是非ともこまめな検診をお勧めします☆