インプラントImplant

インプラント

インプラント(implant)とは、 「埋める、植立する」ことを意味する言葉です。

虫歯や歯周病などで歯を失った場合、歯が折れてしまった場合、従来のブリッジ、入れ歯の他に、「インプラント」という選択肢があります。

これは、歯の根が土台として使えなくなってしまった時、人工歯根を埋め、その上に人工の歯をつける治療法です。 ブリッジのように両隣の健康な歯を削る必要はありません。また、義歯は顎の骨に固定されるので取り外す必要がなく、力を入れて噛むことが可能です。

天然の歯とほとんど変わらない見た目と機能を回復できる治療方法です。

インプラントについて

インプラントの構造

インプラントの構造は三層構造になっております。 フィクスチャー(歯根部)、アバットメント(支台部)、上部構造の三つに分けられます。

歯根部は、骨の中に埋められる部分で、チタンで作れらています。非常に生体親和性が高いため、金属アレルギーの方も安心して治療が受けられます。

アバットメントは、フィクスチャーの上に取りつけられる部分で、セラミッククラウン等の上部構造を支える役割を果たします。

上部構造の補綴物は、白い素材が主となります。 内側に金属の裏打ちのあるメタルボンドと、セラミックだけでできているオールセラミックスなどがあります。

インプラントのメリット

  • しっかり噛めて、見た目も自然です。
  • 隣の健康な歯を削る必要がありません。
  • 硬いものを十分な力で噛むことができます。
  • 天然歯のような自然な見た目。
  • 食べ物のカスがたまりにくい。

インプラントのデメリット

  • 手術が必要。
  • 重度の糖尿病、全身疾患の患者様の場合は、インプラントの手術ができない場合があります。
  • 保険治療の適用外なので、高額な治療費がかかります。

治療の流れ

  1. カウンセリング ⇒ 検査 ⇒ 治療計画

    失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により治療法には様々な選択肢があります。インプラントの手術前には、口腔内検査、レントゲン撮影等をしっかり行い、患者さまに最適な治療計画を立てていきます。

  2. 虫歯や歯周病の治療

    お口の中に問題がある場合には、まず、治療を行なってから、手術に臨みます。

  3. インプラント手術(一次手術)

    通常、インプラント治療における手術は2回に分けて行われます。一次手術では歯の土台となるインプラント(人工歯根)を埋め込みます。 局所麻酔が使われますので痛みはほとんどありません。

  4. 治癒期間

    一次手術の後、インプラントが骨としっかり結合して定着するまで、約3~6ヶ月ほど期間をあけます。

  5. アバットメント装着手術(二次手術)

    インプラントが定着したところで、「アバットメント」という連結部分の装着手術を行います。

  6. 上部構造の装着

    歯茎が治ったら歯の型取りを行い、インプラントの上にかぶせる人工歯を作ります その後、人工歯をかぶせてインプラント治療は完了です。

  7. メンテナンス

    術後の定期検診で、しっかりとメンテナンスしていきます。

顎の骨の量が少ない場合・・・

インプラントを埋め込む顎の骨の量が少ない場合は、そのままでは手術を行うことはできません。 特殊な処置(GBR、サイナスリフト、ソケットリフトなど)によって、骨の量を増やすことで、手術が可能になります。

GBR(骨誘導再生)

欠損した歯槽骨や顎骨などの骨組織の再生を促す治療方法です。

サイナスリフト

上あごの骨の量が足りない場合に行われる施術です。 上顎の骨の上にある空洞(サイナス)と顎の骨の間にある、薄い膜(シュナイダー膜)をはがして、この膜と顎骨の間に骨を入れ、インプラントを埋め込めるだけの厚みを作ります。

ソケットリフト

ソケットリフトは、サイナスリフトと同様、上あごの骨量が少ない場合に行う骨増成手術の1つです。 器具を使って上顎骨の一部分を粘膜側へずらすことで、埋め入れるインプラントの深さを確保します。