痛くない治療Painless

痛くない治療

お子さんだけでなく、大人の方でも、「歯の治療は痛い」「歯医者は怖い」というイメージを持つ方は多いと思います。 虫歯になっても、歯医者に行きづらいため、ギリギリまで我慢してしまう方も少なくありません。そのため治療の開始が遅れてしまい、良い結果にはなりません。

当院では、患者さまの恐怖心と取り除き、安心して通院して頂けるよう、 「痛くない治療」を心がけています

ただし、症例によっては、完全な無痛治療というのは、現実的には難しく、治療中は無痛でも治療後に痛みが出てしまう場合などもあります。 症例や、患者さまによっても差はありますが、可能な限り、痛くない治療を目指して、日々取り組んでおります。 当院の無痛治療への取組みをご紹介させて頂きます。

無痛治療へのこだわり

太田歯科では、「表面麻酔」を行なっております

治療中の痛みは、麻酔をすれば気になりませんが、麻酔注射をする時の痛みは 嫌なものですね。です。痛みを感じなくするように、ジェルタイプの塗り薬を使用しています。 人体に安全な塗り薬ですので、安心して使用できます。

「超極細の針」を使用しています

麻酔注射の痛みを軽減するために、一般に使用されているよりも細い、『超極細の針』を使用しています。 細い針だと身体に刺してもほとんど感触を感じることがありません。 表面麻酔をし、さらに極細の針を使用することによって、極力 痛みが出ないように工夫しています。

電動注射器による痛くない麻酔とその方法

麻酔注射の痛みは麻酔薬の注入スピードによる余計な圧力が原因です。 痛みを抑えるため、注入時は低速で、その後ゆるやかに注入速度を上昇します。また、注入速度を維持するために組織の硬さにあわせて注入圧力は自動的に変化します。 また、お口の中には痛みを感じやすい部位と、感じにくい部位があります。 まずは痛みを感じにくい場所に、麻酔を行い、効いてきたところで深いところに麻酔を行うため、ほとんど痛みを感じない麻酔注射が可能となりました。

まずは患者さまの話をしっかりと聞きます

歯医者で、嫌な思いをしたことがある方や、注射が苦手という方は、たくさんいらっしゃいます。 そんな患者さまが、詳しい説明もなく、いきなり麻酔を打たれたのでは、余計に「歯医者嫌い」になってしまうことでしょう。 痛みの感じ方は、その時の心理状態や過去の経験により変わります。ですから、そのあたりをしっかりお聞きし、安心して頂いたうえで、治療に入っていきます。 当院の治療方針である「自分自身が受けたい治療を提供する」、逆に言えば、自分がされたくないことは患者さんに対しても極力しないよう、様々な角度から痛みの対策を行なっています。

『リラックスできる環境』づくり

痛みの感じ方は、精神的な影響も大きいため、まずは患者さまに安心し、リラックスして頂くことが大切です。 コミュニケーションによる安心に加え、リラックスできる環境づくりにも力を入れています。

カウンセリングの充実

患者さまが感じる不安の多くは、治療内容や方法についての説明不足、患者さまと歯科医院のコミュニケーション不足から来ています。 不安を感じていると、痛みにもつながってしまいます。 当院では、カウンセリングを通じて、コミュニケーションを大切にしています。 患者さまの不安を無くし、安心して治療を受けて頂けるよう、医師、スタッフ全員が常にこころがけています。どんなことでもご相談ください。

治療開始後もしっかりサポートします

炎症の痛みが強い時や、膿が溜まっている時など、麻酔が効きにくい場合があります。 麻酔が効いていない場合には、すぐにお申し出ください。 状況に応じ、速やかに対応をさせて頂きます。 当院はこのような様々な取組を行なっていますが、症例によっては、完全な無痛治療を行うのは、不可能です。 治療中は痛みが無くても、治療後に痛みが出る場合もあります。(神経の治療等) このような症例に対しても、痛みを出にくくするため時間をかけて治療を施した後、鎮痛剤を処方するなどして、痛みを軽減できるよう努めています。 太田歯科では、全ての治療に対して、患者さまの負担を軽減できるよう、できうる限りの対策を行なっています。