スタッフブログblog

歯の着色🦷

こんにちわ!湖西市の歯医者、太田歯科の渡辺です。
12月も半ば、寒くなって来ましたね。

さて今回は、歯の着色や対策について、少しお話ししたいと思います^_^
白くて綺麗な歯は、とても魅力的ですね♬
でも、毎日しっかり磨いているのに着色してしまうのはどーして?って、思う方も多いと思います。
着色のメカニズムは、専門的には歯の表面のカルシウムに、唾液のタンパク質が付着して、その上に着色性の色素、タンパク、金属イオンなどが重なって少しずつ濃くなっていきます。
歯の着色の原因を招くものとして、まず思いつくのが食品ですね。ポリフェノールをたくさん含んだ食品は、特に着色の原因になるとも言われています。
食品以外では、ヤニの原因となるタバコもそうですね。

太田歯科では、着色取りも行ってます。
専用の材料で、歯を磨いて着色を取ります。キレイになりますよ(^-^)

本来の歯の表面がなめらかでないと、着色しやすくもなります。また、唾液が少ない人、口呼吸の方、歯並びの問題があるかたも着色しやすいです。
歯磨き剤を上手く選ぶとともに、食品以外にもある着色の原因を探ってみることも大切です。
もしお口の状況がよく分からなかったり、歯磨き剤に迷ったら、歯科で相談してみましょう♬
気軽に太田歯科スタッフに声をかけてください!